1歳から使えるオリジナル都道府県絵本販売中!
幼児

インフルエンザ新薬「ゾフルーザ」2018年5月シオノギから世界に先駆け発売!

2018年5月に塩野義製薬からインフルエンザ新薬「ゾフルーザ」の発売が報道されています。

 

すでに厚生労働省の部会では「ゾフルーザ」を承認済み。このまま順調にいけば日本が世界に先駆けて実用化となるインフルエンザ新薬「ゾフルーザ」。


 
学会発表されて話題の「インフルエンザ予防に有効な食品」に関する前回の記事に続き、今回も「スッキリ」で特集されたインフルエンザ新薬「ゾフルーザ」について詳しくまとめました。

 

スポンサーリンク


インフルエンザ新薬ゾフルーザとは

 

塩野義製薬から発売予定のゾフルーザは細胞内の遺伝子レベルでウイルスが増殖することを抑制できると話題の治療薬。

 

 

現在よく使われているタミフル、リレンザなど既存のインフルエンザ治療薬4種類はいずれもすでに細胞内で増えてしまったウイルスに対して、細胞外に広がることを抑える目的の薬。

 

これに対して新薬インフルエンザ「ゾフルーザ」はウイルスの増殖そのものを抑える効果が期待できるという薬。今までのインフルエンザ薬より攻めのイメージで頼もしいですね~。^^

 

インフルエンザ患者自身に効果的なのは勿論のこと、シオノギ製薬によると、従来のインフルエンザ治療薬よりも他の人にウイルス感染させる危険が低くなる効果が期待できるそう。

 

通勤通学の電車やバス、子供が多い幼稚園、学校など人が集まる場所ではインフルエンザウイルスが蔓延するのを避けれれないのが現状。

 

インフルエンザウイルスに直接効くゾフルーザ。効果も早く、ほかの人に移す危険が低くなるとしたらそれは本当に素晴らしいですね。

 

スポンサーリンク


インフルエンザ新薬ゾフルーザの注目ポイント

既存のインフルエンザ治療薬より服用回数が少なく済む

 

リレンザ、タミフルなどが一日2,3回の服用に対して、インフルエンザ新薬ゾフルーザの服用は一日一回。

 

これは会社員の方だけでなく、忙しい主婦や学生さんも助かりますね。

従来のインフルエンザ治療薬が効きにくい人にも有効

 

既存のインフルエンザ治療薬が効きにくい方がいるそうです。それはインフルエンザ治療薬のウイルス耐性ができてしまった人。

 

実際、タミフルに耐性のあるウイルスが海外だけでなく、日本でも検出された報告があるそうです。受験生や小さいお子さんのいるご家庭など特に心配になってしまいそうなニュースですね。

 

でも今回シオノギ製薬から発売される「インフルエンザ新薬ゾフルーザ」は従来のインフルエンザ治療薬に耐性を持つウイルスにも効果が期待できるとのこと。

 

世界に先駆けて画期的なインフルエンザ新薬が日本で発売になるのが本当に素晴らしいですね!

 

インフルエンザ新薬ゾフルーザの前に予防が大事

インフルエンザ新薬ゾフルーザの発売は待ち遠しいですが、過度に薬だけに頼ると新たな耐性菌ができてしまう危険性もあるそうです。

 

池袋大谷クリニックの大谷義夫院長も「スッキリ」の番組で、新薬に期待される素晴らしい効果とともに、逆に治療薬のみに頼りすぎず、予防接種をはじめとした予防の大切さについても話されていました。

 

手洗い、うがい、規則正しい生活予防接種、除菌などが定番ですが、ほかにもインフルエンザ予防を家庭で手軽かつ効果的にできる方法があります。

 

それは部屋をインフルエンザウイルスが活動しにくくなる湿度に保つこと。

インフルエンザ予防に最適な湿度

インフルエンザウイルスがほぼ活動できなくなる湿度について、ネット上で30%~70%など様々な情報が出回っていいますね。どれが確かな情報か混乱されている方も多いのでは。

 

厚生労働省がインフルエンザ予防のために推奨している室温は50%~60%。

 

特に小さいお子様、高齢者、受験生のいるご家庭ではこれを目安に湿度にも気を付けるとより予防につながると思います。

 

インフルエンザ予防に湿度を上げる

お風呂に入った後浴室のドアを開けておく、洗濯ものを室内に干すなど家庭で工夫している方もいらっしゃるかもしれません。

 

更に加湿器をインフルエンザ予防に使われているご家庭もあるのではないでしょうか。加湿器も大がかりなものから最近は気軽に使えるものまで沢山ありますね。

 

エコ加湿器はわが子が受験の時、小さいサイズのかわいいペーパー―加湿器を子供部屋に置いてました。電気代がかからないのに、最近は本格的に加湿効果の高いものもあるんですね。

 

インフルエンザ患者数を更新し続けている今日ですが、気づけばもう2月~。できることからインフルエンザを予防してなんとか乗り切りたいですね。^^

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

よく読まれている記事

インフルエンザ予防の食品は学会発表のこれ!|スッキリで放送の最新情報

日本地図パズルのおすすめ|なんと1歳から使えるパズル

こども手帳術で小学生はもちろん2,3歳から自主性を育てる方法

子供のパズル(知育)選び 0歳1歳でもパズル大好きっ子に!

子供に人気のボードゲーム&カードゲームおすすめ|楽しくて教育効果バツグンなのはこれ!

 

スポンサーリンク


 


ABOUT ME
スマイルママ
3歳までの親の働きかけが子どもの将来の能力に影響するという本を妊娠中見つける。自分の地頭の悪い遺伝子のせいで、わが子の将来の可能性を潰してしまうのだけは避けたいと、胎教から始めたわが子の幼児教育。絵本の読み聞かせ中心スタート。その後知育玩具で遊びながら1歳でひらがな、カタカナ、2歳で1年生から3年生までの漢字の読み、一桁の足し算引き算から、一茶100選、四字熟語かけざん九九まで楽しみながら覚え、3歳までに絵本を述べ1万冊読破、驚異の高いIQをたたき出す。 しかしある事態が起こりその後失速!子どもの心に寄り添い、悩み試行錯誤しながら育てたわが子は社会人になりました。一番役立ったのは、著名な教育書でも、有名な教育者の講演でもなく、共に幼児教育実践で子育てしたママ達と情報交換した「大量のリアルな体験談」でした! 無理な先取りや詰込み教育では嫌いになってしまうかもしれない勉強も、「学ぶことが楽しい」と思える経験を積み重ねることで「自分から好奇心を持って学べる」ということに気づきました。 手軽に購入できる市販品を利用して、教室に通っていなくても買っただけでは使いこなせなかったものや、レアな使用法など実践できるように具体的にご紹介していきます。 全てを見てきた今だから分かる幼児教育のメリット、デメリット。これは現在進行中の子育てママでは決して分からない大変貴重な情報で、「他の個人ブログでは見つけクオリティですね!」大変褒めていただき恐縮しています。 個人では参加不可の最新教育関連の勉強会やセミナーに参加し、リアルタイムで変わる最新の教育機関からの情報を収集も継続中。これらのバランスを取ったあらゆる情報を駆使し、個人ママブルグとは一線を画した有効な情報もお伝えしていきます。 「おうちで幼児教育」を楽しみながら実践されていくママパパのサポートが少しでもできたら幸いです。よろしくお願いします。