インフルエンザ予防の食品は学会発表のこれ!|スッキリで放送の最新情報

インフルエンザは子供にかかってほしくないですが、親がかかってしまうのも家事育児が回らず厄介なことになりますよね。^^

 

1月30日放送の「スッキリ」でインフルエンザ予防に効果的な食品の最新情報を放送していましたね。子供にはもちろんのこと子育て中の忙しい親もすぐできてこれはかなり使える予防法だと思います。

母親がインフルエンザで寝込んでしまうと、買い物、幼稚園のお迎えなど父親も仕事に支障が出かねない家族のインフルエンザ。

 

ほかにもなんとかインフルエンザになるのは避けたい受験生、仕事を休めない会社員の方々も必見。手軽にできて効果が確認された最新インフルエンザ予防法と具体的な食品を細かくご紹介します。

 

スポンサーリンク


インフルエンザ予防に有効な食品成分はビタミンD

一般的にビタミンCが風邪予防にいいことは知られていますよね。ところが今回インフルエンザ予防に効果が見られたとスッキリで放送されていたのは食品に含まれる「ビタミンD」。

 

東京慈恵医大分子疫学研究部では小中学生167人ずつにビタミンDをサプリメントで摂取させてインフルエンザにかかった人数を調べたそうです。

その結果インフルエンザにかかった子供の人数を調べてみると、ビタミンDを摂取した子供のグループでは18人(10.8%)、摂取しなかった子供のグループ31人(18.6%)の約半数弱に抑えられるという結果に。

 

この検査ではビタミンDをサプリメントで摂取してもらったそうですが、確かに食品だけでインフルエンザ予防に有効な量を全て摂取するのはなかなか難しいかもしれません。風邪やインフルエンザの時期だけでも有効な食品成分を上手にサプリメントで併用する方が効率的ですね。

 

インフルエンザ予防できる食品は「まいたけ」

 
まいたけの栄養成分である「αグルカン」がインフルエンザ予防に有効というのもスッキリの番組内で取り上げられていました。

 

キノコ類や魚介類などの食品が風邪やインフルエンザ予防に効果的というのは聞いたことがあるかもしれませんが、その中でも今回スッキリで特にインフルエンザ予防に効果的と説明されていたのはαグルカンが含まれている「まいたけ」

あまり聞きなれない食品成分の「αグルカン」。気になって調べてみると、2017年に行われた第21回国際栄養学会議(アルゼンチンで開催された国際会議)でもまいたけに含まれるこの成分がインフルエンザ感染への治療効果があると発表されていました。

 

そこまで重要視していなかったまいたけですが、インフルエンザ予防食品としてこれから注目されていくと思います。ただ、そうは言っても家族の健康を食事で担う母親として、頻繁にまいたけ料理を作るのは現実的に大変ですし、家族も(特に子供が)飽きて食べなくなってしまう可能性も。

 

できれば子供にバレずに(笑)手軽にお味噌汁や料理にダシのようにパラパラ入れられるのは便利。

 

スポンサーリンク



インフルエンザ予防定番のお茶は親子ともに即戦力

インフルエンザ予防の定番は手洗いうがいが大前提ですが、うがいを何でされていますか?

 

小さいお子さんがいるご家庭はイソジンなどで念入りにされているかもしれませんね。うちは薬品をあまり使いたくないので、普通に水でうがいをしてました。^^

 

「お茶でうがいするのがインフルエンザ予防にいい」ことは知っていましたが、現実的に自宅に帰ってきてお茶を用意してうがいするのは難易度高いですよね。((笑)

 

スッキリで池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は「お茶でうがいするくらいなら、10分おきにお茶を飲みます」とおっしゃってました。なるほど~!

 

うがいでお茶を吐き出してしまうより、こまめにお茶を飲むことで、ビタミンミネラル摂取ができるだけでなく、「のどを乾燥から守りウイルスの侵入を防ぐ」にも効果的で一石二鳥ですね。

お茶の有効成分を無駄なく摂取出来るといわれている粉末。こまめに少しだけ飲むにも必要なだけ注いで手軽に飲めていいですね。

 

大谷先生は東京医科歯科大学第一内科、呼吸器内科医局長を経ていらっしゃる呼吸器、アレルギー分野のエキスパート。

 

風邪やインフルエンザに関しても専門でダメージを受けやすい呼吸器関連の著書も沢山あります。

 

我が家は過去に子供がインフルエンザになり、親にもかかって手伝いにきてくれた祖父母も巻き込みインフルエンザで全滅した経験あり。(>_<)

 

それから健康にいいといわれる食品を意識して料理に取り入れたり、置くタイプの抗菌材からアロマに至るまで色々試したものの、一人インフルエンザにかかると(大概子供がもらってくる (笑))家族の誰かはかかってしまうことの連続。何とか予防できないかなぁと毎年思ってました。

 

看病している家族もかかりやすいといわれているインフルエンザ。この冬も子供が早々とインフルエンザにかかり、大慌てて一番レビューで支持を集めていた抗菌スプレーをダメもとで購入。

 

ドアノブ、テーブルを拭くのは勿論、家中まき散らした結果、なんと子供1人だけで食い止めに成功!((笑)インフルエンザの家庭内感染を阻止できて、ちょっと感動してしまいました。

 

正直これのお陰かはどうかは分かりませんが、親も子もインフルエンザにかかる大変さを考慮して試してみてもいいかもしれません。

 

インフルエンザはまだまだこれからがピークだそうです。子供がインフルエンザにかかるのも予防したいですが、母親のダウンはなんとか避けたいですよね。まいたけなど食品やお茶、除菌スプレーなどできることから手軽に試してインフルエンザ予防をしてみてはいかがでしょうか。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

よく読まれている記事

子供に人気のボードゲーム&カードゲームおすすめ|楽しくて教育効果バツグンなのはこれ!

日本地図パズルのおすすめ|なんと1歳から使えるパズル

百人一首本とかるたのおすすめ|幼児や小学生もコレで覚えられる!

具体例アリ!時計(時間)の読み方教え方1.幼児、子どもに今日からスグできます♪

幼児英語教育おすすめ教材(本、単語、DVD)1

スポンサーリンク


 


ABOUTこの記事をかいた人

胎教からわが子の幼児教育をスタート。1歳でひらがなカタカナ、2歳で一年生の漢字、一茶100選、かけざん九九まで楽しみながら覚え、3歳で驚異の高いIQをたたき出す。しかしある原因からその後失速!軌道修正しながら育てたわが子は社会人になりました。数百万かけた幼児教育。一番役立ったのは、著名な教育書でも、有名な教育者の講演でもなく、共に幼児教育実践で子育てしたママ達と情報交換した「大量のリアルな体験談」でした!全てを見てきた今だから分かる幼児教育のメリット、デメリット。現在この経験を活かし、幼児教室を運営中。