クリスマスプレゼント

幼児英語教育おすすめ教材(本、単語、DVD)1

前回、英語学習のポイントや目標に応じた働きかけや教材の大切さを、ママ達の実体験をもとにお伝えさせていただきました。
 

今回はその具体的な目標、
1.「英語に親しむ目的」
2.「検定や試験への基礎作りが目標」
3.「バイリンガルにするのが目標」のなかから

 

1.「英語に親しむ目的」に特化して書かせていただきます。

スポンサーリンク


「英語に親しむ」幼児英語教育おすすめ教材

目的通り「お子さんが楽しめるもの」で絵本でもDVDでもおもちゃでもお子さんが喜んで見て聞いて遊べるもので在れば、基本的にいいと思います。

 

そうは言っても小学校中学年や高学年から英語科目が導入となりました。そこで、せっかくですから単語など基本的なものを楽しみながらきちんとインプットできるものという基準でご紹介します。

まずはこちら。

「にほんごえいごなまえずかん」

こちらはタイトル通りペンで絵をタッチすると日本語読みと英語読みで読み上げてくれるずかん。

動物、虫、乗り物、あいさつなど、数百種類の読み方が分かるほか、動物の鳴き声、車の音など音響も入っていて英語だけにこだわらず楽しく遊べる作りになっています。

 

反対語なども含まれていて入門に効果的。英単語は反対語とセットで覚えるのは記憶に残りやすいので特に小さいお子さんにはいいですね。まだ2歳以下のお子さんは、英語というより、日本語もおぼつかない場合も少なくありません。

 

前回の記事でも書きましたが、この先の学校教育や受験では英語だけではなくほかの教科も大事になる中、日本語のインプットがしっかりできることがとても大切になってきます。

 

どうしても「英語ブーム」でママ達に間では「英語を早く学ばせたい」思いが強い傾向ですが、受験になると一番伸ばしにくいのは「国語」と言われています。また別の機会に書きますが、私のお教室で一番重視しているのが、この国語のことばの基礎となる読み聞かせと言葉のインプットです。

 


 

英語教育で英語を英語のまま理解する「ダイレクトメソッド」も利点は沢山ありますし効果的です。ただ、日本で教育を受けていく場合、それ以上に母国語の日本語をきちんとインプットすることがとても重要です。

 

そんな観点からも、0歳から3歳までの小さいお子さんに日本語のことばと英単語をどちらも入れられる知育おもちゃはいいですね。
この「にほんごえいごなまえずかん」はその点から見た目のポップさ以上に利用価値が高いです。

 

大きさも手ごろで、これ以上大きい図鑑になると、持ち運びはもちろんのこと、子どもが一人で遊ぶには遊びづらくなってしまいます。
この程度なら帰省や車でのおでかけなどにも持ち運べる大きさなので、どんどん使いこなせると繰り返しのインプットに有効です。

 

価格も内容からしたら良心的な価格でコストパフォーマンスが高いと思います。
細かくは本格的ではないにしても、「英語と日本語で気軽に遊ぶ」おもちゃとして赤ちゃんや小さいお子さんから楽しめていいですね。

 
こちらに続きます。

幼児教育おすすめ教材(本、単語、DVD)2


スポンサーリンク



 


ABOUT ME
スマイルママ
胎教から始まったわが子の幼児教育。知育玩具で遊びながら1歳でひらがな、カタカナ、2歳で1年生から3年生までの漢字の読み、一桁の足し算引き算から、一茶100選、四字熟語かけざん九九まで楽しみながら覚え、3歳までに絵本を述べ1万冊読破、驚異の高いIQをたたき出す。 しかしたった一つの取り組みの失敗からその後失速!軌道修正しながら育てたわが子は社会人になりました。一番役立ったのは、著名な教育書でも、有名な教育者の講演でもなく、共に幼児教育実践で子育てしたママ達と情報交換した「大量のリアルな体験談」でした! 無理な先取りや詰込み教育では嫌いになってしまうかもしれない勉強も、「学ぶことが楽しい」と思える経験を積み重ねることで「自分から好奇心を持って学べる」ということに気づきました。 手軽に購入できる市販品を利用して、教室に通っていなくても買っただけでは使いこなせなかったものや、レアな使用法など実践できるように具体的にご紹介していきます。 全てを見てきた今だから分かる幼児教育のメリット、デメリット。現在この経験を活かし、幼児教室を運営中。 このブログでは「自宅で幼児教育」をしたい皆さんに、大量の幼児教育情報のなかから多くのママ達が長年使って本当に結果が出たものを厳選してお伝えしていきます。 「自宅で幼児教育」を楽しみながら実践されていくママパパのサポートが少しでもできたら幸いです。よろしくお願いします。