0歳児

早期教育、幼児教育やってみようかなとお悩み中のママへ1

早期教育、幼児教育と聞くと、どんなイメージがあるでしょうか。

 

「読み書きが早くできる」
 

「年齢以上のことができる」
 

「学年飛び級で勉強ができる」

 

確かにそれはそれで素晴らしいところが沢山あると思います。
 

でも本当にブレずに意識すべきだったのは、「3歳までという目先のゴール」だけではなく、

 

もっと「先を見据えた本質的な目標」だったんだと。

 
この重大なことに私が気づいたのはかなり後になってからです。

スポンサーリンク


早期教育、幼児教育教材はどんなものがあるの?

実際に早期幼児教育に使われるものは次のようなものがあります。

 

・絵本
・つみき、ブロック
・音楽
・図鑑
・お絵かき
・フラッシュカード
・語学
・身体プログラム

 

ちょっと見ただけでは知育「玩具」、つまり「おもちゃ」とはイメージできないですよね。

 

でも、幼児教育を終え、子どもを育て上げた後で振り返ると、結局のところ上記のようなものを使って

 
『ママが赤ちゃんと楽しく遊んで知能と心を育てる』こと。

 

これが幼児教育の基本だったんだと幼児教育を修了してはっきり分かりました。

早期教育、幼児教育で大切なこと

 

この先順次詳細記事を書いていきますが、長年多くの早期教育、幼児教育を実践してきたママ友との交流してきて、そのお子さんたちの「その後の成長」もずっと見てきて気づいたことがあります。
 

それは、0歳から3歳まで、もっと言えば6歳の入学までの時期で考えたとき、早期教育、幼児教育でやる
べき大切なことは
 

「学ぶことの楽しさを沢山体感させる」
 

「自立心に育てる」
 

「心の豊かさを育てる」

 
これができれば「早期幼児教育をやってよかった」と思う日が来るのではと私は思います。

 

3歳までを目標にしてしまいがちな幼児教育

 

私も初めは「3歳までが大事」という情報から「3歳まで時間が短いから頑張らなきゃ」と無駄に焦ってました。(笑)

 

実際にやっていたのは「知的好奇心を高める知育遊び」が多かったです。

 

もちろん、それらは決して無駄ではなく、楽しい親子の時間を過ごしながら、子どもの知能や心身の成長にとてもよかったと思っています。

 

ただ、一緒に幼児教育を実践してきたママ達も、初めての子育てで目標というかどこに向かっているのかわからずやっていたことが多かったと言っています。

 
書籍や幼児教育全般で「一つのゴールがが3歳に設定されている場合」が結構あります。

 
もちろん、とても大事な時期であることは間違いないです。しかも3歳までは一つの通過目標点として設定しやすいです。
 

ただその先の小学校、中学校、高校、大学でこれからどんな状況が待っているのかなど、初めての子育てママには正確にイメージできないですよね。

 

だからどうしても「3歳までに文字が読み書きできる」「3歳までに計算ができる」など『3歳までに出来ることを先取りでさせることが幼児教育で重要なこと』のような誤解を招いてママたちが焦ってしまう気がします。

 
3歳までは大事なことに変わりありません。でも同時に通過点の一つなだけで幼児教育のゴールということではないことを改めて認識されると見える世界が変わってくると思います。

 

早期教育、幼児教育のイメージと現実のギャップ

 

世間一般では幼児教育というと『「詰込み」や「スパルタ」で小さい子に勉強を教える』ようなイメージがあると思います。
 

実際そういう教育をしているところもあるのかもしれませんが、私が望んだこと、実践してきたことは全く違います。

 

特に3歳までは「楽しく子どもと遊ぶ」
 

これをずっとしてきました。その遊び道具に使ったのが知育教材だっただけ。
 

つまり、「知育教材で遊んだ延長線上に結果が付いてきたことが多かった」というだけなんです。

 

「早期教育」「幼児教育」のこの「教育」とつくところが新米ママ達に大きな誤解を生んでる気がします。

 

赤ちゃんに教育って。。。なんか怖い教育ママみたいですよね。
 

実際私もこの「教育」という言葉に少し尻込みしていて、始める前は赤ちゃんに本当にいいのか悩んだり迷ったりしてました。
 

mama%e3%81%a8%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%ae%e6%89%8b

 

スポンサーリンク



 

 

幼児教育を終え、子どもを育て上げた後で振り返ると、結局のところ上記のようなものを使って

 
『ママが赤ちゃんと楽しく遊んで知能と心を育てる』こと。

 

これが幼児教育の基本だったんだと幼児教育を修了してはっきり分かりました。

 

小さいうちに学ぶことが好きな子にするほうがその後はるかに楽!

 

答えは簡単です。なぜかというと、

 

「自分から学ぶことができる子になるから」

 

小学校、中学校、高校と上に上がるほどママの「勉強しなさい!」に聞く耳を持たなくなります(笑)

 

思春期から勉強好きにさせるのはかなり大変

 

特に中学、高校受験の頃は思春期、反抗期の真っ最中!

 

穏やかなお子さんの家庭でも「昨夜も勉強しなくて子どもと大バトルで塾のテキストゴミ箱に捨てたわ!」といった話を結構聞きました。(笑)

 

まだ小さいお子さんのママにはピンとこないと思いますが、身近に仲の良い中学受験、高校受験生のママがいたら聞いてみてください。

 

「子どもに勉強しなさいといってケンカになったことある?」

 

きっと「ある!ある!」と沢山教えてくれると思いますよ~。(笑)

 
最後までお読みいただきましてありがとうございました。
 

次回はこちらに続きます
早期教育、幼児教育やってみようかなとお悩み中のママへ2
 

子供のパズル(知育)選び 0歳1歳でもパズル大好きっ子に!
 

日本地図パズルのおすすめ|なんと1歳から使えるパズル
 

スポンサーリンク


 


ABOUT ME
スマイルママ
胎教から始まったわが子の幼児教育。知育玩具で遊びながら1歳でひらがな、カタカナ、2歳で1年生から3年生までの漢字の読み、一桁の足し算引き算から、一茶100選、四字熟語かけざん九九まで楽しみながら覚え、3歳までに絵本を述べ1万冊読破、驚異の高いIQをたたき出す。 しかしたった一つの取り組みの失敗からその後失速!軌道修正しながら育てたわが子は社会人になりました。一番役立ったのは、著名な教育書でも、有名な教育者の講演でもなく、共に幼児教育実践で子育てしたママ達と情報交換した「大量のリアルな体験談」でした! 無理な先取りや詰込み教育では嫌いになってしまうかもしれない勉強も、「学ぶことが楽しい」と思える経験を積み重ねることで「自分から好奇心を持って学べる」ということに気づきました。 手軽に購入できる市販品を利用して、教室に通っていなくても買っただけでは使いこなせなかったものや、レアな使用法など実践できるように具体的にご紹介していきます。 全てを見てきた今だから分かる幼児教育のメリット、デメリット。現在この経験を活かし、幼児教室を運営中。 このブログでは「自宅で幼児教育」をしたい皆さんに、大量の幼児教育情報のなかから多くのママ達が長年使って本当に結果が出たものを厳選してお伝えしていきます。 「自宅で幼児教育」を楽しみながら実践されていくママパパのサポートが少しでもできたら幸いです。よろしくお願いします。