1歳から使えるオリジナル都道府県絵本販売中!
0歳児

幼児英語教育おすすめ教材(本、単語、DVD)3

前々回、前回と続けて幼児英語学習のポイントや目標に応じた働きかけや教材の大切さを、ママ達の実体験をもとにお伝えさせていただいております。

 

今回は3.「バイリンガルに育てるのが目的」の場合の働きかけから教材選びまでお話しさせていただきます。

スポンサーリンク


バイリンガルにするめに必要な幼児英語教育って?

「バイリンガル」とはそもそも二か国語を母語のように操れる状態。

 

つまり、丸暗記したフレーズでの英会話ではなく、英語で自分の意志を伝えられ、他人と英語でディスカッションできる、読み書きも母語と大差なく自由に操れる状態です。

 
ここに幼児期から目標を置いて英語教育をするには、日常からかなりの時間を英語の読み,書き、聞く、話すに触れさせることが必須となります。

幼児からバイリンガル教育をするメリットは?

幼児からバイリンガル教育をするメリットは世間で色々言われていますが、私が一番メリットを感じるのはネイティブと遜色ない「発音」ができること!

 

リーディング(読み)、リスニング(聞き)、ライティング(書く)は後発で学んでも努力次第でどうにかなりますが、このスピーキングは差が出ます。

スポンサーリンク



 

スピーキング(話す)で発音をネイティブ同様にできるのは大きくなってからではかなりの努力と能力、経験が必要です。(英語でしゃべるのをほかの人が目を閉じて聞いた時、ネイティブか日本人か全くわからないレベル)

幼児英語教育で効果的なことは?

単刀直入に言うと、バイリンガルにするにも学校の試験対策に有効にするにも、どの子も当然ABCから入り、単語、センテンスの聞き取り、マッチング(文字と音の)が重要なのは一緒です。

 
バイリンガルが目的の幼児英語教育には「洋書絵本の多読」と「英語の音入れ」は毎日行うことが基本となります。

幼児英語教育おすすめ教材は?

幼児英語教育の記事はそれだけで別ブログができるほど沢山なるのでここでは割愛しますが、幼児のバイリンガル教育で多読は必須です。
 
今回定番中の定番を挙げるとすれば、多読用の幼児本です。
 
絵本というよりペラペラで数枚だけのショートストーリーですが、このセンテンスの繰り返しやポイントを絞った単語インプットはとても効果的なインプットになります。

 
こちらはイギリスバージョン。イギリスの小学校で使われているだけあり、ブリティッシュイングリッシュで英語の王道の絵本です。

ママが英語を話せなくてもCDを流してページをめくることで利用できます。

バイリンガル幼児英語教育をする上で、こちらはきっと参考になると思います。



スポンサーリンク



 

幼児教育、早期教育で大切なこと1
0歳から使える!時計(時間)の読み方教え方2.オススメ本はこちあ


ABOUT ME
スマイルママ
3歳までの親の働きかけが子どもの将来の能力に影響するという本を妊娠中見つける。自分の地頭の悪い遺伝子のせいで、わが子の将来の可能性を潰してしまうのだけは避けたいと、胎教から始めたわが子の幼児教育。絵本の読み聞かせ中心スタート。その後知育玩具で遊びながら1歳でひらがな、カタカナ、2歳で1年生から3年生までの漢字の読み、一桁の足し算引き算から、一茶100選、四字熟語かけざん九九まで楽しみながら覚え、3歳までに絵本を述べ1万冊読破、驚異の高いIQをたたき出す。 しかしある事態が起こりその後失速!子どもの心に寄り添い、悩み試行錯誤しながら育てたわが子は社会人になりました。一番役立ったのは、著名な教育書でも、有名な教育者の講演でもなく、共に幼児教育実践で子育てしたママ達と情報交換した「大量のリアルな体験談」でした! 無理な先取りや詰込み教育では嫌いになってしまうかもしれない勉強も、「学ぶことが楽しい」と思える経験を積み重ねることで「自分から好奇心を持って学べる」ということに気づきました。 手軽に購入できる市販品を利用して、教室に通っていなくても買っただけでは使いこなせなかったものや、レアな使用法など実践できるように具体的にご紹介していきます。 全てを見てきた今だから分かる幼児教育のメリット、デメリット。これは現在進行中の子育てママでは決して分からない大変貴重な情報で、「他の個人ブログでは見つけクオリティですね!」大変褒めていただき恐縮しています。 個人では参加不可の最新教育関連の勉強会やセミナーに参加し、リアルタイムで変わる最新の教育機関からの情報を収集も継続中。これらのバランスを取ったあらゆる情報を駆使し、個人ママブルグとは一線を画した有効な情報もお伝えしていきます。 「おうちで幼児教育」を楽しみながら実践されていくママパパのサポートが少しでもできたら幸いです。よろしくお願いします。