知育玩具

知育玩具0歳におすすめ|知らないともったいナイ!視覚を刺激するおもちゃで知能発達がスピードアップ!

みなさんは視覚刺激できるおもちゃが0歳児の知能を早める効果が期待できるのをご存知ですか?実は1歳のお誕生日くらいまでの知能発達は、この「視覚」ととても関わっています。

0歳児におすすめの知育玩具の中から、今回は赤ちゃんの視覚的発達を促す効果的なおもちゃをご紹介させていただきます。

スポンサーリンク


0歳知育玩具おすすめ|視覚を刺激する計算されたメリー

*マンハッタントイ社 「ウィマーファーガソン ベットメリー」

 
0歳の赤ちゃんのおもちゃや身の回りのものは優しいパステルカラーが人気ですよね。でもかわいい色彩の知育玩具も0歳の赤ちゃんには「ぼや~」と見えているだけなんです。なぜかというと、

 

0歳児は視力が弱いから。

 

赤ちゃんの視力は生まれてから1か月くらいは0.01~0.02。3,4か月で0.04~0.08くらいといわれてます。

 

つまり、0歳児は強近視状態。

 

しかも数か月にとどまらず、1歳のお誕生日頃でもまだ0・2~0.3程度。でもこの長い近視状態の0歳児でも知的好奇心を刺激して知能の発達を促すカンタンは方法があるんです。

 

それは、「はっきり見える色彩の知育玩具を与えてあげる」こと。

 

赤ちゃんが近視状態の時期に白黒などコントラストのはっきりしたおもちゃを与えることで、0歳の赤ちゃんは色の境目から形状を把握したり目と脳が画像を記憶しだします。

 

つまり、この時期視覚を刺激するおもちゃは、脳の神経系発達に作用し集中力、記憶力を養うのに効果的なんです。

 

マンハッタントーイ社の「ウィマー・ファーガソン」シリーズは注目し赤ちゃんの視覚を研究、0歳から焦点が合わせやすい白黒の知育玩具。
 

 

 

日本より海外での評価が高く、アメリカでは新生児室に置かれている0歳児用知育玩具として人気。「ウィマー・ファーガソン」のベッドメリーは白黒を含めはっきりしたコントラストで0歳の赤ちゃんは意識してじっと見ようとします。

 

うさぎさんやくまちゃんのようなかわいらしい絵ではなく、植物の絵のような不思議なデザイラで0歳の赤ちゃんには地味っぽい絵柄ですよね。(笑)

 

でもこのはっきりした形と色のコントラストで予想以上に見る赤ちゃんが多いです。意識してみることで「焦点」を合わせることが早くなります。それに伴い見えるものが増えてくると、知的好奇心が飛躍的に高まりますよ。^^

 

 

コントラストがはっきりしていて、赤ちゃんが意識して「見る」と評判のモービル。ベビーカーなどにつけるものは赤ちゃんのお顔から近いので焦点が合うと手で触ろうとすることが早いです。

スポンサーリンク


 

0歳知育玩具おすすめ|視覚強化に優れた布おもちゃ

ウィマーファーガソンアクティビティブック

 

こちらも0歳の赤ちゃんが効果的に楽しめるよう視覚から計算された赤黒白のコントラストの布製知育玩具。

 

一見普通の布おもちゃに見えますが、0歳児の視覚に訴える楽しい遊びがいっぱいです。

 

〇、△、▢など算数の基本図形となる形から波線だ円まではっきりしたコントラストで描かれていて0歳児からでもものの形状を記憶したり、楽しめておすすめです。

 

ベットにひもで取り付けられるので、0歳の赤ちゃんでも至近距離で焦点を合わせることが簡単にできていいですね。

 

見えたのもは触りたくなるのが0歳児((笑)

 

形状がはっきりしていて思わず手を伸ばしてめくったり引っ張ったりという目と手を連動させた遊びに自然とつながるのも0歳用の知育玩具としておすすめポイントです。

 

鏡や触るとべりべりと音がでるしかけなど、視覚からの興味付で聴覚、触覚も刺激で0歳の赤ちゃんから、一人でお座りできる1歳になっても長く遊べるおすすめの知育玩具です。

 

ベットに取り付けたりお布団の近くに設置すると、0歳の赤ちゃんでもご機嫌で目で追って焦点合わせの訓練になります。

 

人間は視覚からの情報が大半をしめていす。焦点合わせができるようになると、視界から入る情報で0歳の赤ちゃんで劇的に好奇心高まりますよ。

 

0歳知育玩具おすすめ|絵本で焦点を合わせる効果

 

白黒赤理論というのは、その名の通り、白黒赤の3色が0歳児赤ちゃんのはっきり見えやすく、視覚を刺激し発達を促すというもの。

 

大人が見ると配色やはっきりしすぎた輪郭の絵が若干薄気味悪く「0歳の子にこれはありなのか」と悩むママもいるかもしれません。((笑)

 

でも実際0歳の赤ちゃんにとってはこのコントラストが一番焦点が合わせやすく、ジーと見て視覚から様々な情報を読み取ろうとする様子が多く聞かれます。

 

実際、0歳の赤ちゃんはぼやっとした画像より、鮮明に見えるもののほうが「なんだろう」と知的好奇心が刺激されるようです。

 

こちらは読み聞かせとなっていますが、どちらかというと絵としかけで0歳から遊んで焦点合わせができる絵本に近い気がします。
 

読み聞かせメインのおすすめ絵本は
1歳人気絵本!幼児教育ママ達おすすめ!
 

穴が開いていて(はらぺこあおむしみたいな丸い穴です。^^)裏からママが指を入れて赤ちゃんに見せたり、絵を見てお話しながら遊べる知育玩具です。

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



ABOUT ME
スマイルママ
胎教から始まったわが子の幼児教育。1歳でひらがな、カタカナ、2歳で1年生から3年生までの漢字、一桁の足し算引き算から、一茶100選、四字熟語かけざん九九まで楽しみながら覚え、3歳までに絵本を述べ1万冊読破、驚異の高いIQをたたき出す。しかしたった一つの取り組みの失敗からその後失速!軌道修正しながら育てたわが子は社会人になりました。数百万かけた幼児教育。一番役立ったのは、著名な教育書でも、有名な教育者の講演でもなく、共に幼児教育実践で子育てしたママ達と情報交換した「大量のリアルな体験談」でした!全てを見てきた今だから分かる幼児教育のメリット、デメリット。現在この経験を活かし、幼児教室を運営中。