幼児教材(幼児通信教材)

【最新版】幼児教材おすすめ比較はプロが厳選!|驚きの着眼点とz会徹底調査編

【最新版】幼児教材おすすめは比較よりココが重要!|Z会徹底調査編

ズバリ他の教育ブログでは一切出てこない驚きの比較ポイントを幼児教育のプロが教えます!幼児教材のおすすめや比較は追跡調査の結果から見ると驚くほど正確!2000名組以上の幼児教育実践家庭と関わってきて、知育教育で育ったその後の子供たちの結果が答えです。

長年の数えきれないほどの知育オタクのママ集団とそのお子様たちと関わりから蓄積した膨大な体験情報から、現在進行形の幼児さんのママ達の最新体験談まで幼児教材に関する情報は大量にリサーチしてきました。また、教育業界関係者しか入れない勉強会などのレア情報など、一般のご家庭では入手できない確かな最新情報を踏まえて幼児教材おすすめをお伝えしてきます。今回はZ会幼児コース(年少・年中・年長)を徹底深堀りします!

スポンサーリンク


 

幼児教材おすすめで細かすぎる比較は不要なワケ

実は幼児教材の根幹は同じ目標に向かっている

まずは特徴の顕著な以下の幼児教材にしぼって最新を教材を全て調べました。もちろん、プロから見たら当然の結果なのですが、ママパパにそのマニアックな着眼点をお伝えしますね。どの教材もある目的に向かって緩やかに近づいていこうとしている目標があります。なんだかわかりますか?

ズバリ、文部科学省の学習指導要領の小学1年生の1学期レベルです。

入学までにどのようなことができるようにしておくべきか、企業は当然考えて逆算して知育教材を制作します!ちなにみ、この大変重要なポイントに触れてて幼児教材比較のおすすめ記事を書いているマニアックな幼児教育オタクサイトはグーグル、ヤフーともに100位まで検索しましたが、現在1つもありませんでした。(あとからマネして追随してくるかもしれませんが(笑))知育オタクママのレベルを超えてるとよく言われますが、十数年にわたる筋金入りのプロ知育オタクデス(;´∀`)

話を戻しますが、以下の教材は年少から年長までを特に対象にしています。小学校入学後すぐに学校の授業になじめるよう、社運をかけてそれぞれの会社が企業努力しながら幼児教材を制作しています。当然ですが文部科学省の学習指導要綱をおさえていないはずがないですよね。

かなり細かく付録や口コミを集めた比較やランキング記事がウェブ上に乱立してますが、逆にママ達が迷ったり混乱してしまいがち。お子さんに必要で適切な幼児教材を選ぶのを妨げかねないので、幼児教材の細かい比較、口コミ、ランキングなど検索しまくらなくても大丈夫ですよ~。^^

それよりもっと重要なことがあります!逆にそれぞれの企業がこだわっているところがプロ目線から見ると一目瞭然。その部分における幼児教材比較をするのはかなり重要でおすすめになるので今回からシリーズで掘り下げて説明しますね。まずは基本中の基本である小1入学までの基本的な読み書きそろばんと言われるもじ、かずは各社の幼児教材で網羅しているため、基本部分はどれを選んでも大丈夫です。

あとはイラストや雰囲気などお子さんの好みの問題だったり(これはいくつかお試しで与えてみるしかわからないですね)、ママパパの使い勝手の部分もあるはす。まずはお子様の年齢に該当する無料お試しをすべて取り寄せて、実際にお子さんとママパパが見て試すのが一番早いデス。

こちらから全ての資料を比較できます!

\無料おためし教材はこちらからあつめられます/

幼児教材適応年齢月額料金
【こどもちゃれんじ】0歳~6歳1,729円~
【がんばる舎】2歳~6歳700円
【幼児ポピー】
2歳~6歳980円~
【まなびwith】
年少~年長2,117円~
【Z会 幼児コース】
年少~年長1,870円~
【スマイルゼミ】
年中~年長2,980 円
【RISUきっず】
年中~年長2,480円

 

幼児教材タブレットはまた別の考察ポイントが沢山あり、今回の幼児教材比較シリーズの記事からは省きました。幼児教材タブレットに関しても見たことがないレベルのレア情報で徹底した比較((笑)によって今後ご紹介します。まずはペーパーから検討されるのがおすすめです。なぜなら、学校のテスト、模試、そして入試は「紙」ですから!^^

現在、ブログなど大量の情報があってママパパは逆に惑わされちゃいますよね。あまりに細部にこだわるより、根幹の重要な部分を抑えることが大事!そうすることで、特に重要じゃない部分や、口コミ、ランキングなどに迷うことなくお子さんに有益な幼児教材を選べるはずです!

幼児教材おすすめ比較は5つの効果から選ぶ

この観点から正確に書かれている幼児教材比較のおすすめの記事をかなり探した現在の幼児さんのママたちは見つけられなかったとおっしゃっていました。

確かにそうですよね。どんなに知育教育オタクママのご家庭でも、現役で幼児を子育てしているママは現在の大学受験まで最新教育現場がどのように進んでいくのか分からないのも無理がないかもしれません。

ママ世代の教育事情とはかなり変わっているため、先々の学校のテスト、授業、模試、入試がどう展開していくか未知の世界だと、細かい付録の量や表面的な金額の比較記事が多くなるのも仕方がなですよね。

ちなみに幼児教材(幼児通信教育)の月額平均は2000円前後とほぼ同じものが多めです。さらには時間の方が取り戻せない重要事項と後々気づくため、費用対効果を考えたら幼児教材の比較ポイントの優先は別の項目が重要ではと見えてくるはずです。

幼児教材(幼児通信教育)は目的の費用対効果から比較ポイントをしぼる

幼児教材は確かにお金のかかることなので、それぞれのご家庭で月謝は大事な部分だとは思います。ただ、先輩ママ達が周りにいたらぜひ聞いてみてください。入学前と入学後の時間のなさは比較にならないほど。この時間が貴重になるのは学年が上がるたびに加速します。

なので、細かい教材同士の比較や、現在進行形の子育て中のママの口コミからしか幼児教材比較できないのも仕方がないですが、一番大事なのは、我が子に一番求めている入学までの到達点(目標)をどこにするかです。

言い換えると、幼児教材を選ぶおすすめポイントはほかの人の口コミなどに惑わされず、「我が子に何を優先的にできるようにしたいか」です。

先ほどもお伝えしたように、基本的な学習については上記の幼児教材のどれも基本は押さえられてます。

その上でさらにお子さんにあった教材を比較して選ぶために以下のどれをご家庭で重視するかによって変わってきます。ここからどこにもないプロのマニアックな幼児教育の比較ポイントをご紹介していきます。

おすすめ幼児教材(幼児通信教育)で比較してどれを最優先して選ぶべきかのポイントは5つ

1.あと伸び力
2.知育玩具
3.生活習慣
4.学習習慣
5.プラスアルファー学習

今回は
1.「あと伸び力」を育てるのにおすすめの教材である「Z会幼児コース」にターゲットを絞って、教材をあらゆる観点からのレアな徹底解説と比較でご紹介します。

幼児教材比較でダントツ「あとの伸び力」を育てるにはZ会がおすすめ

まずは「あと伸び力」のある子ってどんな子?
答えは知的好奇心旺盛で自分でもの事を探求していける力がある子。
つまり、誰かにやらされる勉強ではなく、「主体的に」「自分からすすんで学び取っていこうとする姿勢」がある子。

そんな「あと伸び力」があり、「考える力」を持った子に育てるために、z会は「ワーク」と「実体験」の両輪で幼児教材(通信教育)を展開しているところがほかの教材と比較しておすすめです。ここからかなり細かく徹底解説していきます。



Z会は幼児コースを「ワーク学習」「実体験」の両輪で強力にバックアップ

Z会の幼児教材は両輪で学習が進みます。
1.ワーク学習 「かんがえる力ワーク」
2.実体験   「ぺあぜっと」

簡単に言うと、
1.の「かんがえる力ワーク」が文字や数字を書いていくいわゆるドリルのような机上のお勉強用ワークブック

こちらは丸、三角、四角など、真ん中で折ることで簡単に線対称図形を理解しやすいですね。でもその先、「ハート型だとどうなるか」を考えさせるところが、簡単から発展させるまさに「考える力」を育てるステップが垣間見れマス。^^

2.の「ぺあぜっと」はカンタンな実験や工作、料理など体験学習など体験学習用テキスト

簡単に見える現象でも実は摩擦や抵抗など、先々の理科授業へと興味を広げる工夫がされてますね。

Z会が幼児教材(幼児通信教育)として秀でておすすめの部分のこの2つの教材がら掘り下げていきます。

スポンサーリンク


 

 

幼児教材比較でZ会がおすすめの「かんがえる力ワーク」

WEB上に「Z会の幼児教材はレベルが簡単」という幼児通信教育関連の記事が大半を占めていててビックリ。いやいや、後々の学校での内容がわからないので実はかなり深い教材なことに気が付かないだけでは。

特にまだ幼児さんしか育ててないママからみたら、ひらがなマシーンのような知育玩具が装備されている幼児教材のほうが比較して難しいと思ってしまうのかもしれませんね。あるいは、付録がつかずにワーク量が多い幼児教材を「レベルが高い」と感じてしまうのかも。

Z会かんがえる力ワークはその後の学校のテストも見据えた幼児教材

「かんがえる力ワーク」の一見レベルが低そうに見えながら、実はあと伸び、思考力を鍛えることにかなりのしかけをして、逆に「難しいことをカンタン見せる技がスゴイ
!例えばこちら。


これはZ会「かんがえるちからワーク」の年中さん用。

一見、チューリップ、あさがお、たんぽぽなどどの子も分かりそうで「レベルが低い」とうわさされてますよね。実はこれらの花は小学校の理科「植物の作り」で根、葉、茎などの形状を覚えたりも出てきます。

例えば合弁花(花弁がくっついてる)離弁花(花弁が分かれて「好き」「嫌い」とか花占いができる花(笑)を分けるテスト。

合弁花代表のあさがおはもう何度テストに出てくるかわからないくらい出マス。離弁花で間違える子が続出するのが「たんぽぽ」。花びらが離れて見えるけど、じつは根元で全部くっついてるんですよ~^^

こんな風に先々の理科で出てくる植物の花や葉っぱを年中さんからでもリアルな写真でゆる~く入れ込んで親しませるところが、「あと伸び」を育てます!ドヤ((笑)って感じが出ててZ会さんレベル高いなって思っちゃいます。

他にも例えばこちら

なかまではないものを探す問題。論理的に物事を分類したり考察できる力を養うもの。

ここでは丸い「形状」で分類するとトライアングルがなかまじゃない
でも楽器という「カテゴリー」で分類すると丸い入れ物がなかまじゃない

つまり答えが一つじゃないワーク。

こうやって「別解」を考えさせるワークは幼児教材で比較したときにあと伸びを意識した作りだと分かります。ちなみに中学受験の算数で上位校を狙う場合、常に「別解」を意識し、問題に対して様々な解法でアプローチする練習をします。

こうした丸暗記ではなく、自分の頭で考えさせることをゆる~く幼児教材から練習させるところが比較したとき「あと伸び」をかなり意識してるのが分かっておすすめです。
Z会 幼児コース

幼児教材比較でZ会がおすすめの理由は体験できる「ぺあぜっと」

z会が幼児教材としておすすめの筆頭になるのはこの体験学習できる「ぺあぜっと」。これが「あと伸び力」のランキングで、ほかの幼児教材(幼児通信教育)と比較して
かなり特徴的なところ。幼児教材おすすめランキングではどうしても目立つ知育玩具に見劣りしますが、「あと伸び力」には幼児期に多方面ににわたる「体験学習」が強いデス。

Z会幼児教材「ぺあぜっと」は家庭にあるもので手軽に「実験」できる

こちらはぺあぜっと年中さんの見本。

アイドルタレントさんの番組でこうやって台を傾けてボールを転がすゲームやってたけど、それと同じ感じですね。大人が見ると一見なんてことはない「傾斜がきつければボールの速度早まり、傾斜がゆるやかなら遅くなる」ただそれだけの事。

でもこれ、幼稚園年中さんが説明するとなると話は別!新聞紙の「傾斜」とボール(物体)が転がる「速度」の関係を体験なしに的確に説明できる年中さんはそういないのでは。物理の興味へと広げますよね。

こういう家でできる簡単な体験をさせてい、「考える力」「あと伸び力」を目的とした幼児教材選びでz会が素晴らしいくおすすめできる部分です。

 

スポンサーリンク


 

 

幼児教材z会ぺあぜっとの料理で効果が盛りだくさん

さらにこちら。

z会幼児コースのぺあぜっとにはたくさんの料理手順が沢山出てきます。親子のコミュニケーションとしても、食べ物に関して教育していく食育としても料理は素晴らしいですが、脳にも沢山の好影響があるんです。

人間の脳の働きを画像として計測する脳機能イメージング研究に従事し、著書に「脳を鍛える大人の音読ドリル」で有名になった東北大学未来科学技術共同研究センターの川島隆太教授は調理中の脳活動を近赤外線計測装置を使って計測実験しています。

その結果、料理をしていない安静時と比べて脳の前頭連合野が活性化することが証明されています。脳の前頭連合野は感情や思考をつかさどる場所。その重要な脳部分の刺激になるような料理を、幼児が気軽に楽しめるメニューで、繰り返し段取り力を養う体験ワークは継続することでかなり思考が鍛えられますね。

ランキングや口コミでは評価に反映されていない、もしくはその底力に気づかれていないのが不思議なくらいのZ会幼児教材。
「あと伸び力」「考える力」を目的として比較した場合、z会幼児教材はとてもおすすめです。

資料請求でもらえる「あと伸び」に関する冊子はお子さんの先の学習に参考になりますよ!

\お試し教材と参考になる資料はこちら/


ABOUT ME
スマイルママ
大手幼児教室講師を経て今まで指導した子供たちは2000人以上。現在は幼児指導のほか、小中学生の英検漢検数検などの超先取り指導から、学習指導、メンタルカウンセリングまでこなす。幼児教育で育った子たちが「その後どうなったか」の結果を知る教育者しか知りえない、確かな情報をもとにお届けします。現役子育てママパパでは決して気づけないレア情報をお伝えしながら、本物の幼児教育をおうちで実践したいママパパの強力サポーターになれればと願っています。どうぞよろしくお願いします。